鳥海山(ちょうかいさん)(標高2236m)

 山形と秋田の県境に位置し、裾野を日本海に洗う、東北随一の名峰、その秀麗な山容は、秋田富士、出羽富士とも呼ばれ、地域に暮らす人々の季節暦の山として親しまれています。鳥海山・月山(山と高原地図)に説明があります。
 鳥海山の固有種としてチョウカイフスマ、チョウカイアザミがありますが。高山帯の岩礫地や岩壁に張り付くようにして生育する、イワウメ(岩梅)の花を楽しむ事でした。平成22年6月15日(月)16日(火)17日(水)の撮影記録です。
 酒田の友人と秋田県矢島口祓川ヒュッテ(2泊)と決め。15日(月)は3時頃にヒュッテに食料・登山用具・ビールを冷やし竜ヶ原湿原の散策をしてから飲んでいると、神奈川からご夫妻の方、新潟から二人でスキーを楽しみにと、そんな山仲間の飲み会が始まったのです。満天の星空が印象的でした。16日(火)天気良し、山頂を目指し登山道と雪渓を登り七ツ釜避難小屋で休憩して、康新道に入り、残雪と新緑の稲倉岳に見とれながら歩くとイワウメの花が咲いていました。鳥海山登頂の事はすっかり忘れ撮影に夢中なのです。



鳥海山(2236m)
竜ヶ原湿原から残雪と鳥海山を夕刻の姿(6/15)


イワウメ(岩梅)


イワウメ・ホソバイワベンケイ


イワウメ


イワウメ


イワウメ


雲海と稲倉岳(1554m)


イワウメ・ミヤマキンバイ


イワウメ


イワウメ・ホソバイワベンケイ


イワウメ


鳥海山(2236m)
早朝、竜ヶ原湿原に鳥海山の姿 (6/16朝)
齋藤政広氏から説明を受けながらの撮影

 天候に恵まれ、のんびりと撮影して、登山道で昼寝もして楽な一時を過ごして祓川ヒュッテに戻る。この日も宿泊のご夫妻の方と談笑しながら過ごし就寝です。
  17日(水)早朝、竜ヶ原湿原散策、矢島口(祓川ヒュッテ)~法体の滝~百宅口(大清水)~中島台~酒田へ
2泊3日の鳥海山の花を楽しみに(雨の時は飲み会かな⁇の予定)
酒田の友人・齋藤政広氏(写真家)

撮影・文 吉田善春
蔵王山岳インストラクター協会会員
鳥海山登山ガイド協会会員
JMGA資格認定・登山ガイドⅡ
撮影 平成22年6月15日(月)晴
       6月16日(火)晴
       6月17日(水)曇時々晴
あれから11年の時が経ち、鳥海山再掲載
文 令和2年4月初旬

前回の鳥海山
平成15年8月15日(金)雨・16日(土)晴撮影
文 令和2年1月初旬
前々回の鳥海山
平成27年7月14日(火)~16日(木)撮影
前々々回の鳥海山
平成25年8月17日(土)~18日(日)撮影
前々々々回の鳥海山
平成24年8月19日(日)~20日(月)撮影
前々々々々回の鳥海山
平成22年7月20日(火)撮影
前々々々々々回の鳥海山
平成21年6月16日(火)撮影
前々々々々々々回の鳥海山
平成15年8月中旬撮影
山形県の山の地図に戻ります。
ブラウザの「戻る」ボタンをご使用いただくと、
地図の元の場所に戻ります。